こちらではED治療薬について詳しく調査したものを公開する情報サイトです。日本ではEDに該当する男性が多いと言われています。EDは治すことができ、今日まで多くのED治療薬が存在します。もしあなたやパートナーがEDなら是非読んで治しましょう!

ED治療薬で新しいステンドラの効果と副作用は?

「ステンドラ」は第4のED治療薬として注目を集めています。
このED治療薬の有効成分となっている「アバナフィル」は、元々日本の医薬品メーカーが開発していたものです。
その権利がアメリカの医薬品メーカーへ譲渡され、ステンドラは海外での認可を受けED治療薬として処方される事となりました。

認可を受けて海外で処方されるようになったのは、2012年のことです。
ED治療薬として歴史の浅いステンドラですが今現在、国内で処方されているED治療薬よりも副作用が起こり難いと言われています。
日本のクリニックで現在、処方されているED治療薬としてはバイアグラ・レビトラ・シアリスが基本です。

これらED治療薬はEDを解消する効果に優れているものの、服用すると副作用を起こす確率も少なくありません。
ステンドラに使われているアバナフィルはというと、元は「副作用の少ないED治療薬」を作るために開発が進められてきたという事もあり、副作用の起こる確率が従来の治療薬に比べ、グンと少ないのが特徴です。

例えば、バイアグラの場合は服用した方の約9割が、何らかの副作用を感じたというデータがあります。
一方、ステンドラはというと服用して、副作用を起こす確率は約1割程度です。
バイアグラと比較すると、これだけ副作用のリスクが抑えられます。
レビトラ・シアリスと比べてもステンドラは副作用が起こり難い医薬品です。

ただ、医薬品ですので全く副作用が起こらないという事はありません。
ステンドラの場合、顔や目の充血、頭痛といった症状が副作用として挙げられます。
また、副作用の起こる確率が少ないと聞くと、他のED治療薬に比べて効き目が薄いのではと感じる方もいるかもしれません。

ステンドラの服用方法

ステンドラの有効成分アバナフィルはPED-5という酵素を阻害し、勃起力を補助する効果を発揮します。
1度服用すると効果は約6時間前後、作用が続きます。
しかも服用後、15分から30分程度で効果が効き始める、即効性の高い薬です。
服用のタイミングは性行為の1時間から30分前に水と一緒に服用します。
即効性・持続力・副作用のリスクが少ないと、従来の治療薬のデメリットを克服した薬ですので、これからますます愛用する男性が増えるでしょう。

ステンドラの購入方法は?

2012年に海外で認可された「ステンドラ」は、最新のED治療薬です。
EDを解消する効果に優れているのにも関わらず、副作用が起こり難いという特徴があります。
EDを医薬品で解消する方法に興味があっても、副作用の不安から手が出せないという方でも、ステンドラであればチャレンジしやすいのではないでしょうか。

ただし、ここで注意したいのがステンドラは日本国内の病院では、まだ処方されていないという点です。
日本は医薬品の認可が慎重で、新しい医薬品を認可するまでには長い時間をかけます。
2012年に海外では処方されるようになったステンドラも、今現在国内では未認可です。
病院で購入できないという事は覚えておいた方が良いでしょう。

ステンドラは個人輸入で入手可能

では、ステンドラを日本人は試せないのかというと、そうではありません。
海外から通販を行えば、日本国内ではまだ未認可のステンドラも購入する事が可能です。
海外のサイトやドラッグストアから個人で輸入するという購入方法もありますが、語学が堪能で医薬品を海外から輸入するために必要な情報に、熟知していないと難しいでしょう。

より手軽に手に入れたいなら、代理輸入業者が運営している通販サイトを利用するのがおすすめです。
代理輸入業者は海外から購入者に代わり、医薬品を通販してくてる業者となっています。
面倒な手続きも全て代行してくれるので、一般的なインターネット通販の感覚で海外から医薬品を買える点が魅力です。

カートに商品を入れて、住所など必要事項を記入し支払方法を選ぶだけで、簡単にステンドラを海外から通販できます。
医薬品をインターネット上で通販するのは危険と感じるという方もいるかもしれませんが、信頼性の高い業者であれば取り扱っている医薬品は正規品です。
しっかり情報を集めて安心して利用できる通販サイトから、購入するようにしましょう。

Recommend
No articles