こちらではED治療薬について詳しく調査したものを公開する情報サイトです。日本ではEDに該当する男性が多いと言われています。EDは治すことができ、今日まで多くのED治療薬が存在します。もしあなたやパートナーがEDなら是非読んで治しましょう!

持続時間があるシアリスの効果と副作用は?

シアリスは日本で3番目に認可されたED治療薬です。
持続効果の長さが魅力の治療薬で、ED改善効果に優れていると話題となりました。
シアリスに含まれる有効成分「タダラフィル」によってEDを解消する事が可能です。

タダラフィルは「5-ホスホジエステラーゼ」という酵素に作用する成分です。
EDになってしまう原因の1つに、陰茎部分の血流が悪くなってしまうという事が挙げられます。
5-ホスホジエステラーゼの働きが強くなってしまうと、陰茎部分の血流を左右するcGMPという物質を過剰に作り出してしまい、血行不良を引き起こすようです。

陰茎部分の血流が悪くなってしまうと当然、勃起力も低下してしまいEDの症状が現れるようになります。
シアリスに含まれるタダラフィルは、5-ホスホジエステラーゼの働きを阻害する作用があり補う事によって、陰茎部分の血流を改善する効果を発揮するのが特徴です。

EDを解消できるのはもちろんシアリスは、持続効果が長いED治療薬としても知られています。
有効成分であるタダラフィルの配合量によって持続効果は変わりますが、10mgであれば24時間から30時間、20mgで30時間から36時間もの間効果が持続するED治療薬です。
この持続効果の長さから海外ではシアリスは「ウィークエンドピル」と言われる事もあるそうです。
また、シアリスは食事の影響を受けずに服用できる、便利なED治療薬としても人気を集めています。

油を多く使っているような重い食事でなければ、食後に服用しても効果を発揮します。
メーカーの発表では800カロリー程度の食事であれば、食後に服用しても問題は無いようです。

シアリスはゆっくりと体に作用する薬で、服用してから約3時間程度で効果を実感できるようになります。
水で服用するのが基本で1回につき1錠を服用します。
次に服用したい場合は、効果が切れると考えられる30時間から36時間の期間を空けましょう。
服用してから3時間程度で効果が現れ始めるので、性交渉を行う3時間前に服用する事をおすすめします。

シアリスの入手方法

シアリスの入手法にはクリニックで処方してもらう以外に、通販で購入も可能です。
通販を利用して手に入れる場合は、信頼できるサイトから購入するようにしましょう。

シアリスの副作用

シアリスは持続時間の長さで人気のED治療薬ですが、医薬品という事もあり副作用にも注意して服用しなければいけません。
ただシアリスの場合、有効成分の効果が緩やかに働くという事もあり、他の治療薬と比較すると、副作用が出たとしても症状は軽度というケースが多いようです。

起こりやすい副作用としては、頭痛やほてり、消化不良といった症状が挙げられます。
他には鼻づまりや背中の痛み、筋肉痛を感じる方もいるようです。
また、起こる頻度は稀と言われていますが目の痛みや結膜炎、色の識別がし難くなるといった視覚異常を訴えるケースもあります。

このような軽度の副作用が報告されているシアリスですが、健康状態によってはより重篤な症状が出る事もあるので注意が必要です。
心血管系の病気を持っている方が服用した場合、心筋梗塞など突然死を引き起こすリスクがあるので服用する事は出来ません。
肝機能障害や腎不全といった持病を持っている場合も、不整脈や低血圧、高血圧といった重篤な副作用を起こすリスクが高まります。

シアリス服用時の注意点

健康な方がシアリスを服用するにあたっても、注意したいポイントがいくつかあります。
食事の影響を受け難いとされるシアリスですが、服用する際はグレープフルーツを食べる事は避けましょう。
グレープフルーツに含まれるフラノクマリンという成分によって、シアリスの有効成分が必要以上に体の中に残ってしまうためです。

またシアリスには禁忌薬が存在しているので、持病で何等かの内服薬を服用しているという場合は、医師に併用しても良いかどうか相談する事をおすすめします。
もちろん、医薬品ですので用法・量を守って服用するのが基本です。
より効果を得ようと規定の量より多く服用したり、時間を空けずに何回も服用しないようにしましょう。