こちらではED治療薬について詳しく調査したものを公開する情報サイトです。日本ではEDに該当する男性が多いと言われています。EDは治すことができ、今日まで多くのED治療薬が存在します。もしあなたやパートナーがEDなら是非読んで治しましょう!

女性用バイアグラの効果と副作用は?

日本における少子高齢化が加速する中で、最近では性交渉に興味を示さない男性が増加し、女性が急に性機能障害に陥るといった事例がメディアで取りあげられることが増えており、健全な性生活は大きな課題です。
とりわけ、ストレス社会と呼ばれる現代では、男性のEDや女性の不感症は年々患者の数を増やしています。
そこで、男性は早くからバイアグラが開発されましたが、女性についてはED患者よりも不感症患者の方が多いと言われながら、2015年になってようやくアメリカで女性用バイアグラが認可されました。

その後、多くの国々で女性用バイアグラが販売されていますが、代表的なものはアジャンタファーマ社のラブグラとシラーバイオテクノロジーズ社のウーメラです。
ラブグラがウーメラのジェネリック品に当たりますから有効成分はともに同じで、男性用バイアグラ同様にシルデナフィルです。
男性用バイアグラが男性器に集中して血管が拡張して血行促進につながるのに対して、女性用バイアグラであるラブグラやウーメラは、女性器全体の血行を促進させ膣分泌液を潤わせることから、不感症による膣乾燥症や性交痛の改善に効果を発揮します。

また、ラブグラやウーメラには、女性ホルモンの働きを抑えるPDE-5と呼ばれる酵素の分泌を抑えますから、性的な刺激に対して興奮しやすくなるという特性をもっており、これまでオーガズムに達しにくかった女性がバイアグラのおかげで充実した性生活を営めるようになり、パートナーとの関係がより親密になったという事例が数多く報告されています。

ラブグラやウーメラの服用方法

ラブグラやウーメラはともに1錠あたり100mgであり、1日1錠までを上限としてセックスの1時間程度前に服用することで4~6時間程度効果が持続します。
なお、シルデナフィルは腸から吸収される特性を持っていますから、食後2~3時間後の空腹時が最適なタイミングとされており、次回の服用までに24時間は間隔を空ける必要があります。
服用してすぐに効果が得られるものではなく、徐々に体が温かくなり鼻づまりを感じることで効果が実感されます。

女性用バイアグラの副作用

副作用については、シルデナフィルが過剰に反応することによって、体のほてりや鼻づまりに加えて頭痛や息切れ、動悸、胃もたれなどの症状を引き起こす場合もありますが、女性用バイアグラの持続時間が切れるのとともに解消されます。
したがって、副作用が強く出る場合は錠剤をカットするなど量を調整することで解消できます。
ただし、高血圧や心臓病、脳梗塞などの持病を持っていたり、何らかの薬を服用していたりする場合は医師に相談することが大切です。

女性用バイアグラの購入方法は?

女性用バイアグラは海外で認可されているお薬ですが、日本では未だに未承認でるため、医療機関で処方を受けることはできませんし、薬局でも購入することはできません。
したがって、医薬品の個人輸入代行サイトの通販を利用することになります。
個人間でお薬を取り寄せる行為は薬事法で認められており合法ですから心配はありませんが、男性名義で女性用バイアグラを購入すると、商用利用に疑われる恐れがありますから、必ず本人名義で購入しなくてはなりません。

ラブグラ、ウーメラともに個人輸入代行サイトにおいて通販が可能ですが、ラブグラはジェネリック品であるため取扱いサイトが比較的多くあります。
その価格はラブグラ、ウーメラともに1シートあたり4錠で2,000円程度が相場ですが、購入するシート数が増えれば、割引価格が適用され1錠あたり300円程度で購入できます。
男性用バイアグラが1錠あたり1000円程度であることを考えると非常に安価であると言えます。
そのため、女性用バイアグラを服用する男性もいますが、副作用が強く表れる可能性がありますので差し控えるべきです。

女性用バイアグラを取り扱う個人輸入代行サイトは数多くあり、もちろん日本語のサイトですから安心して通販を利用することができます。
ただし、個人輸入においては偽薬が出回ったこともありますから、信頼できるサイトを見極めることがとても重要です。
とりわけ、営業期間が長期間にわたっており、正規品保証、匿名保証、送料無料などのサービスを導入しているサイトがおすすめです。

また、支払方法において銀行振込だけでなくクレジットカードが利用できるサイトは、クレジット会社の審査を受けている会社ですから信用度は高いと言えます。
そこで、初回は少量注文して、問題がなければ2回目以降、割引価格となるよう大量に注文することが賢い購入方法です。

Recommend
No articles