こちらではED治療薬について詳しく調査したものを公開する情報サイトです。日本ではEDに該当する男性が多いと言われています。EDは治すことができ、今日まで多くのED治療薬が存在します。もしあなたやパートナーがEDなら是非読んで治しましょう!

世界初のED治療薬バイアグラの効果と副作用は?

バイアグラは、1998年1月にアメリカで発売された世界初の勃起障害(ED)の治療薬です。
有効成分はシルデナフィルクエン酸で、PDE5阻害薬と言う種類の薬になります。
日本では1999年に発売を開始し、発売当時は売り切れてしまう薬局もたくさんありあるくらいの人気でした。

cGMPという物質が海綿体洞内の血流を促進して勃起を促しているのですが、このcGMPの働きを邪魔する物質にPDE5と呼ばれるものがあります。
バイアグラは勃起を促すcGMPの邪魔をするPDE5を阻害することで、勃起を促している薬です。

服用後およそ20分から1時間ほどで効き始め、約5時間効果が持続します。
服用後約1時間でバイアグラの血中濃度が最高に達し、3~4時間で血中濃度が半分になるとされています。
これらのことを考えると、性交を行う1時間前に服用するのがベストなタイミングです。

バイアグラを服用して勃起障害(ED)が改善した割合は、約76%と報告されています。
勃起障害を治療する薬の中では一番有効率が高いのがバイアグラだと考えられています。
また、効果が安定していることも特徴の一つです。
効く人には効くのだけど効かない人もいて、有効率が41~81%などというバラつきがある商品もあるのですが、バイアグラは個人差がほとんどなくバラつきがないことがメリットです。

現在勃起障害で悩む人は、約1130万人もいると推定されています。
60歳代では約60%の男性が勃起障害になっていると考えられています。
人にこのような悩みを真剣に話す機会があまりないだけで、実はあなたのまわりにも密かに悩んでいる人は沢山います。

悩むとそれが勃起障害を悪化させる一因にもなるので、悩んでいないで早く治療することが重要です。
バイアグラを飲んで上手く勃起したことで自信がついて、その後は薬がなくてももう大丈夫になったという人も多いです。
まずは、泌尿器科を受診して、バイアグラを服用することに問題はないかどうかを調べてもらいましょう。

バイアグラの副作用

バイアグラの副作用として多いのは、頭痛や顔面が赤く紅潮する、動悸などです。
これらの副作用は、血管が拡張して血流が良くなることで起きています。
逆に言うと効いている証拠でもあるのです。
一般的には、それほど強い物ではなく無視することができる程度です。
それ以外に、胃の不快感や鼻づまり、発疹、物が青く見える視覚異常、めまい、不整脈、陰茎の疼痛などが報告されています。

非常に稀ですが副作用による死亡例もあります。
しかしこれは、注意を守らなかったケースや服用できない禁忌の人が服用したケースだと言われています。
服用の際は、注意書きをしっかり読むことが重要です。
また、禁忌(服用できない)に該当する人は、絶対に服用してはいけません。
お薬以外の治療法もあるので、泌尿器科医に相談してください。

バイアグラ服用時の注意点

禁忌となっている人は次の通りです。
狭心症の発作を抑える薬を飲んでいる人、バイアグラに対する過敏症がある人、心臓血管障害がある人、最近6カ月以内に心筋梗塞になった人、血圧が90/50mmHg以下になることがある人、高血圧で血圧が170/100mmHg以上になることがある人、最近6カ月以内に脳梗塞や脳出血を経験している人、重度の肝障害がある人、細網色素変性症という目の病気になっている人があげられます。

注意すべきこととして、服用間隔は24時間以上開けてください。
そして十分な水で服用します。
コップに1杯以上、200cc以上の水で飲んでください。
65歳以上の高齢者は思わぬ副作用を起こす可能性が高いので注意が必要だとなっています。

バイアグラは通販でも購入することができますが、初回は泌尿器科医の診察を受けて副作用のチェックなどをしてもらうことをお勧めします。
また、通販の商品の中には有効成分のシルデナフィルをほんの少ししか含んでいない粗悪品もあります。
価格の安さやタイムセールなどに惑わされないようにしましょう。