こちらではED治療薬について詳しく調査したものを公開する情報サイトです。日本ではEDに該当する男性が多いと言われています。EDは治すことができ、今日まで多くのED治療薬が存在します。もしあなたやパートナーがEDなら是非読んで治しましょう!

バリフの効果と副作用は?

バリフはED治療薬であるレビトラのジェネリック医薬品です。
レビトラと同じ有効成分のバルデナフィルが含まれており、同様の効果を得ることができます。
価格はレビトラが1錠あたり1300円から1400円ほどであるのに対して、150円から200円ほどと安いのでコストを抑えてED治療ができます。

バリフはインドの製薬会社が製造していたレビトラのジェネリック医薬品です。
入手するには、インターネットの通販サイトを利用して個人輸入する必要があります。
現在インドではバルデナフィルを含むジェネリック医薬品の製造が認められていないため、バリフも在庫品がなくなれば購入できなくなります。
他にもレビトラのジェネリック医薬品は多数存在しますが、特にバリフを求める場合は早めに通販サイトで購入が求められます。

バリフに含まれる有効成分であるバルデナフィルには、ペニスの血流量を増やして勃起を促す効果が存在します。
直接的に性欲を高めるのではなく、ペニスへの血流量を増加させ刺激を与えた場合に勃起しやすくなります。

男性が性的刺激を受けると血液中の一酸化窒素が増え、グアノシン一リン酸が増加します。
グアノシン一リン酸は平滑筋を弛緩させ、海綿体の血流量を増加させることで勃起が起こります。
ペニスの海綿体には5型ホスホジエステラーゼという酵素も存在し、グアノシン一リン酸を分解します。
グアノシン一リン酸と5型ホスホジエステラーゼの働きによって、勃起はコントロールされています。

5型ホスホジエステラーゼが多過ぎると、グアノシン一リン酸が不足してEDになります。
バリフを服用すると、有効成分のバルデナフィルによって5型ホスホジエステラーゼの効果が阻害されます。
平滑筋が弛緩してペニスの血流量が増えることでEDが改善される仕組みです。

バリフを服用すればコストを抑えてED治療ができますが、副作用や併用できない医薬品もあります。
実際の服用に際しては、副作用などに注意が必要です。

バリフの服用方法

バリフは1日に1回、1錠を水かぬるま湯で性行為の30分ほど前に服用します。
食事によって効果が阻害されることはありませんが、空腹時に服用するとより効果的です。
効果は5時間から9時間ほど持続します。
アルコールを摂取しても影響はあまりないので、お酒を飲むこともできます。

バリフの副作用

バリフに含まれる有効成分のバルデナフィルには血管拡張効果があります。
そのため副作用として目の充血や紅潮、動悸、鼻詰まり、頭痛などが見られます。
光に対して過敏になることもあります。
副作用は基本的に軽度で、4時間から6時間ほどで回復するのが通常です。
ただし併用が禁止される医薬品を服用している場合や、心臓などに疾患を抱えている場合には副作用が重篤になる場合も存在します。
バリフの副作用は基本的に軽度ですが、長時間経過しても回復しない場合は医師に相談する必要があります。

バリフと併用を注意する薬

併用が禁止される医薬品は硝酸剤やHIV治療薬、抗真菌薬、抗不整脈薬などです。
硝酸剤には飲み薬の他に舌下剤、貼り薬、吸入薬、注射、塗り薬、スプレーなどがあります。
HIV治療薬はバリフの血中濃度が上昇する可能性があるので注意が必要です。

グレープフルーツに含まれるフラノクマリン酸もHIV治療薬と同様に、バリフの血中濃度を高めます。
血中濃度が高まると副作用が強くなるので、摂取を控える必要があります。
抗真菌薬は水虫やカビなど感染症の治療薬ですが、内服薬の併用が禁止されます。
抗不整脈薬を併用すると心臓の動きに異常をきたす可能性が存在します。

バリフには血管拡張効果があります。
脳梗塞や脳出血、心筋梗塞の既往歴、重度の肝機能障害や腎障害、不安定狭心症などがある場合は使用できません。
また低血圧や高血圧、網膜色素変性症の場合も使用できないので注意が必要です。