こちらではED治療薬について詳しく調査したものを公開する情報サイトです。日本ではEDに該当する男性が多いと言われています。EDは治すことができ、今日まで多くのED治療薬が存在します。もしあなたやパートナーがEDなら是非読んで治しましょう!

カマグラゴールドの効果と副作用は?

近年男性はED(勃起不全)の問題を多く抱えています。
日本全国に1130万人もの患者がいると言われていて、成人男性の3人に1人はEDであると言われています。
また、30代から40代の男性に最もEDが多いです。
EDの最大の原因は加齢ですが現代社会において会社や家庭での多大なストレスや体の酷使、乱れた生活習慣や食生活等も原因の1つです。
また、性行為中に受けた精神的なストレスもEDになってしまう1つであると言われています。

EDを治療するのに役立つのはED治療薬です。
心理士によるカウンセリング等もありますがED治療薬で解決することが手軽でお金もあまりかかりません。
治療薬としてよく耳にするバイアグラは短時間で効果が現れて持続時間も5、6時間程度得られることもあって非常に需要が高いです。
しかしバイアグラは病院で診察してもらい薬を処方してもらうため時間と手間がかかります。
また、診察するということは局部を医者に診られるので恥ずかしく思う人も多いです。

バイアグラのジェネリック医薬品としてカマグラゴールドという薬があります。
ジェネリック医薬品はネット通販や薬局等で手軽に購入できるので便利です。
ネット通販の場合は誰かにバレることなく購入できるので気軽に治療できます。
カマグラゴールドはバイアグラと同じ成分のシルデナフィルが含まれています。
このシルデナフィルは海外では100㎎含まれている場合が多く、体が小さい日本人は1錠を半分に割って服用する人も多いです。
これは副作用を避けることも出来るので効果的です。

カマグラゴールドの服用方法

カマグラゴールドの効果は基本的にバイアグラとあまり変わりません。
服用するといつもより硬くなり中折れの心配も無くなり、2回3回と続けて勃起を維持できます。
また、食後に飲んでしまうとあまり効果が得られません。

カマグラゴールドは食事やお酒の影響を受けやすいので、空腹時に服用することをお勧めします。
また、1日に1回、1錠服用する場合は飲んだ量に関係なく24時間後に服用します。
2、3錠一緒に飲むことは危険なので絶対に1日1錠を守って下さい。

カマグラゴールドの副作用

カマグラゴールドはED治療薬として良く効きますが、薬である以上副作用はあります。
カマグラゴールドは血流を良くする効果があり、血流が良くなりすぎて頭痛やめまい、顔の火照りや鼻詰り等の副作用が出ることがあります。
これらの副作用は他のED治療薬でもよく出る症状です。
個人によって副作用が強く出てしまう人がいます。
その場合は1錠の4分の1を服用する等して量を減らすことで副作用を軽減することも出来ます。

また、副作用は9割の人がなると言われています。
副作用になったからといって心配し過ぎないことで無暗にストレスを溜める必要はありません。
頭痛が長く続いてどうしても辛い場合は市販の頭痛薬を服用することで副作用を和らげることができます。
あまりに副作用がきつい場合は医師に相談してみることで改善してくれます。

カマグラゴールドと併用を注意する薬

カマグラゴールドは他の薬と併用することで体を危険な状態にしてしまうこともあります。
ニトログリセリン等の硝酸剤、不整脈治療に使われるアンカロン錠、アミオダロン塩酸塩錠は併用禁止薬とされています。
これはバイアグラも同じです。
カマグラゴールドは血管に作用してEDを改善する薬で、血流を良くして血圧を下げる効果があります。
そのため心臓等の循環器系の薬や血圧の薬と併用すると薬が効き過ぎたり、薬の効き目を打ち消したりするため併用を禁止されていることが多いです。

しかし、併用禁止の薬を使っていてEDも同時に治療したいという人はいると思います。
その場合は医師に相談の上で適切な処置を行ってもらうようにすることが大切です。
自分で判断して無暗に併用することは非常に危険な為避けましょう。
また、半年以内に脳梗塞や心筋梗塞等を起こした人、心血管系障害がある人達は副作用を強める恐れがあるので服用は避けることが先決です。
最悪の場合、死に至る可能性もあるので十分に注意して服用することで理想の勃起に導くことができます。