こちらではED治療薬について詳しく調査したものを公開する情報サイトです。日本ではEDに該当する男性が多いと言われています。EDは治すことができ、今日まで多くのED治療薬が存在します。もしあなたやパートナーがEDなら是非読んで治しましょう!

男性にとってEDは恥ずかしい病気というイメージが強いため、簡単に他人や医師に相談することもできずに一人で抱え込んでしまう人も多いです。
治療に通うにしても時間や費用がかなりかかるため、それらを負担に感じて敬遠してしまうケースも多いでしょう。
そんな場合は、ED治療薬を通販で個人的に入手するという方法がお勧めです。
様々なメリットがあるのですが、それと同時に注意点もあるため、事前にEDの基礎知識や副作用、効果などについて知っておくようにしましょう。

EDの原因とは

ベットで喧嘩する男女

EDは勃起障害や勃起不全の症状のことを指す言葉で、発症すれば当然ですがパートナーとの性交渉が不可能になってしまいます。
男性は基本的に、性的な刺激を感じると脳から男性器に対して勃起を促す信号が発信されます。
これによって男性器の中にある海綿体という組織の血管が拡張し、血液が一気に流れて膨張したり硬くなったりするのが勃起です。

ところが、EDになってしまうと動脈が思うように拡張しなくなり、勃起するために必要な血液が海綿体に行きわたりません。
海綿体は普段乾いたスポンジのようになっており、それが血液を吸収することで膨張したり硬くなります。
つまり、血管が開かなくなる原因を取り除かない限り、勃起させることはできません。

このように血管がうまく拡張できなくなる原因は患者ごとに異なりますが、一般的には血管そのものに問題があるケースと脳からの信号が神経に正しく伝わらないケース、心理的な原因が影響しているケースの3つが考えられます。

血管や神経に障害を及ぼす直接的な原因としては、特定の医薬品を使ったことによる副作用、前立腺肥大症などの病気による合併症、手術の後遺症などが挙げられます。
アルコールの摂り過ぎや糖尿病、動脈硬化など生活習慣病とも密接に関係しているので注意が必要です。

さらに厄介なのが、こういった外的な原因だけでなく心理的なストレスやプレッシャーなどによっても症状が現れるということです。
過去の性行為の失敗や過度のストレスによって無意識のうちに性欲が減少してしまい、脳が正常に勃起を指示しなくなることがあります。
自分では全く原因が思い当たらないのにEDになった場合、このような心理的な要因が影響している可能性が高いです。

ED治療薬の効果は?

色々なED薬のイメージ

EDの症状を改善してくれる治療薬は、現在何種類も開発されています。
EDの根本的な原因は患者ごとに異なりますが、直接的な原因は血管の拡張不足で海綿体に血液が届かなくなることです。
この点に着目し、血管の拡張を邪魔している体内物質の活動を抑制することで血流量を増やし、勃起を促すのがED治療薬の主な効果になります。
つまり、勃起が起きるメカニズムをサポートすることで症状を改善する治療薬であり、薬品の力で強制的に勃起させるものではありません。

ひと口にED治療薬と言ってもその種類は様々で、現在は主にバイアグラやレビトラ、シアリスなどが使用されています。

バイアグラ
バイアグラは言わずと知れたED治療薬のパイオニア的な存在であり、知名度や信頼感は抜群です。服用してから30分程度で勃起機能を改善することができ、約4時間から6時間ほど効果が持続します。効果の強さは折り紙付きですが、その分副作用も多いので注意が必要です。
レビトラ
レビトラはバイアグラのデメリットをカバーすべく開発された治療薬で、何と言っても即効性の高さが最大の魅力です。服用後15分程度で効果を発揮し、最長で10時間も持続させることができます。しかも性的刺激への感度が鈍るため、EDと併発しやすい早漏にも大きな効果を発揮します。
シアリス
シアリスは服用から効果を得るまで1時間から3時間ほどかかってしまいますが、最長で36時間という驚異的な持続時間を誇るので週末ならこれ1錠で済むでしょう。食事の影響を受けなかったり副作用が非常に少ないなど、即効性の低さを補えるだけの多くの魅力を持っています。

このように、ED治療薬は基本的な効果は同じものの、種類によって特徴が微妙に異なります。
自分が求めるポイントを抑えた種類を使用することが大切なので、それぞれの効果を正しく覚えておきましょう。

ED治療薬の副作用は?

勃起を助けてくれる心強いED治療薬ですが、医薬品なので副作用のリスクも覚悟しておかなければなりません。
それぞれのED治療薬ごとに副作用の内容や頻度なども異なるので、種類別に覚えておきましょう。

バイアグラの副作用
バイアグラの場合、副作用として多いのはめまいや頭痛、顔の火照りなどです。服用によって急に血行が良くなると体内が一時的に低血圧になるため、このような症状が現れます。鼻詰まりや消化不良、動悸や胸の痛みなども現れやすいです。さらに、眼の痛みや青と緑の違いが分かりにくくなるなどの色覚異常が起きることもあります。服用した9割以上の人に何らかの副作用が現れるので、服用後はしばらく体調に注意しましょう。
レビトラの副作用
レビトラの場合も血管拡張による副作用はバイアグラとほとんど同じですが、主成分が異なるため副作用の発症頻度は格段に下がります。発症は服用した人の約3割に留まるので、バイアグラよりは安全に使うことができるでしょう。ただ、レビトラに使用されている主成分と心臓病の治療薬のニトログリセリンは効果が非常に似ているため、同時に使うと血管が拡張され過ぎて危険です。心臓病で投薬を受けている場合は併用が禁忌とされているので、絶対に使わないようにしましょう。
シアリスの副作用
シアリスの場合は、即効性も低く効果が緩やかなのでバイアグラやレビトラ以上に安全性が高いです。副作用が起きる可能性は非常に稀ですが、症状の内容としては他の治療薬とほぼ同じです。めまいや頭痛、動悸などが起きる可能性もゼロではないので、不調を感じたらそれ以上服用するのは止めましょう。

いずれの治療薬も一般的な副作用以外に、重篤なアナフィラキシーショックが起きるリスクもあります。
初めて使用する場合はできるだけ一人の時は避けるなど、対策をしておきましょう。

ED治療薬は通販がお得?

医者とキーボード

基本的に、ED治療薬は病院で医師に診察してもらわないと手に入れられません。
しかも治療薬はいずれも非常に高価で、病院処方だと1錠あたり2,000円ほどします。
性行為のたびにこれだけの費用をかけるのは経済的にも苦しいですし、わざわざ病院に通う手間と時間だって相当なものです。

そこで、1度でも医師にED治療薬を処方してもらった経験のある男性なら、通販を利用して個人輸入するという方法がお勧めです。
営利目的の医薬品の個人輸入はもちろん法律違反ですが、個人が自分の治療のために1ヶ月分程度を輸入する場合に限っては法律で認められています。

現在では数多くの個人輸入代行サイトが開設されており、ごく普通の通販と同じように必要なED治療薬を注文することができます。
これなら病院へ行く手間も診察代もかかりませんし、何より非常に安い価格でED治療薬を購入することが可能です。

海外で製造されているED治療薬は海外での値段設定で販売されているため、日本で処方される場合の3分の2から半額程度で手に入れることができます。
日本では取り扱われていないジェネリック版も販売されているため、本家のバイアグラやレビトラと全く同じ成分なのに10分の1という価格で購入できるものまであります。
もちろん、ジェネリックでも安全性や効果に問題は無いので安心です。

病院の処方より遥かにお得なので、経済的な問題で治療薬を敬遠していた人でも気軽に使うことができるでしょう。
偽物を販売しているサイトも多いので注意が必要ですが、きちんと正規品を取り扱う優良なサイトを選べば品質に問題はありません。
取引実績や営業年数、ネット上の評判などを詳しく調べ、信頼できるサイトを見つけるようにしましょう。

Recommend